キャッシングはあると助かります。

image
キャッシングは、あると非常に便利な存在です。上手な使い方次第で、生活がとても快適になるという事もあので、もっておくといざというときに助かります。しかし「キャッシュカード」をもってもいい人と、「キャッシュカード」を持たないほうがいいという人がいます。もってもいい人というのは「安定した収入があるという人」です。収入によって返済能力というものが判断されます。そうすると収入によって信用度が高いか低いかという事が決定されるのです。持たないほうがいいという人は「収入が安定していない」という人や「ギャンブルをする人」です。収入が安定していないとお金を貸す側の人も安心して貸すことが出来ません。キャッシュカードを持つ前に確認しなければならないという事があります。それは「金融会社によって金利が違う」という事です。だいたい実質年利、4%から18%の金利が付きます。会社によって違うので知っておく事が重要です。返済するのが早ければ早いほうが良いので、余裕のある時に多めに返済すると良いといいます。そして、初めて「キャッシュカードを作る」という人は、いろいろと不安な事もあると思うので「無利息期間30日間」や「借入日の翌日から無利息期間7日間」「180日間利息無料」など金融会社によってサービスがあるので利用すると良いそうです。

キャッシングを受けるには

キャッシングとは、基本的に、金融機関から無担保で融資をしてもらう事を言います。そのため、限度額が50万円までの小口のローンに限っては、無担保でキャッシングを受けることができるでしょう。小口のローンをお申し込みするにあたって必要な物と言えば、運転免許証や健康保険証などの身分証明書です。基本的に、これらを用意しておくだけで、キャッシングを受けることができます。しかし、稀にではありますが、夫婦がお互いに利用されていたり、利用の事を承知しているのであれば、保証人としてなっていただく場合もあります。また、キャッシングを受けるには、他社の借り入れ状況が、融資条件の範囲内であることと、会社の在籍確認が必ずとれることが、絶対条件となります。多重債務に陥ってしまわれている方は、即お断りとなりますし、会社の在籍確認がとれない場合は、とれるまで審査がストップしてしまいます。そのため、日中など会社が営業している時間帯にお申し込みされることをオススメします。残業で会社には残っている方はたくさんいらしゃっても、代表電話が留守番電話になってしまうと、次の日に持ち越しとなってしまいます。自宅の場合は、コールや留守番電話でも可能な場合が多いです。このように、身分証明書と会社の在籍確認がとれ、融資条件の範囲内の借り入れであれば、キャッシングを受けることはできるでしょう。

手軽に利用できるキャッシング方法の種類

概ね、一般人が手軽に利用できるキャッシングというと2種類あります。まず、1つ目に挙げられるのが銀行や消費者金融などの金融機関で扱われているキャッシング商品を利用する方法です。この商品を利用することで、借りたい時に借りたいお金を手軽に借りられるようになります。借り入れ方法としては専用の引き出しカードを使って各金融機関のATMからお金を引き出したり、或いは提携のATMからお金を引き出す方法などがあります。これ以外にも、現在は指定口座に振り込んでもらう融資方法もあるので、借り入れ方法の充実度は高いと言えます。そして2つ目として挙げられるのが、クレジットカードを利用したキャッシングです。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠が設けられています。ショッピング枠は通常のショッピングの際の支払いに利用できるサービス部分で、キャッシング枠はお金に困っている時に現金で貸してもらえるサービスになっています。この場合はATMにクレジットカードを差し込むことでキャッシングを利用できるようになり、非常に手軽にお金が借りられます。クレジットカードの枠を使うので新たに審査を受ける必要もないので、本当に急な時に大活躍する機能だと言えます。

サブコンテンツ